新型(豚・鳥)インフルエンザ対策と予防

マスク/殺菌・消毒用石けん/加湿器等の格安通販

新型インフルエンザ対策と予防最新インフルエンザニュース一覧┃ 妊婦らへの新型ワクチン接種、17県が来月2日から

妊婦らへの新型ワクチン接種、17県が来月2日から

新型インフルエンザに感染すると重症化するリスクの高い基礎疾患(持病)がある人や妊婦へのワクチン接種について、17県が11月02日から開始予定であることが読売新聞の調査で分かった。

当初は11月中旬に開始予定の自治体がほとんどだったが、多くの自治体が接種開始日を前倒しした。

厚生労働省は、妊婦や基礎疾患患者への接種について、遅くとも16日までの接種開始を求めている。2日開始予定は17県だが、この中には妊婦への接種を後から始めるところが、少なくとも7県ある。2日の次に多いのは16日開始で、8道府県。鹿児島県は20日の予定だが「前倒しを検討中」という。

自治体によっては、「入院中の基礎疾患患者」や「基礎疾患のある小児」など、より重症化のリスクが高い人から接種できるよう段階的な開始日を設けており、厚労省は具体的な接種開始日については、かかりつけの医療機関に確認するよう呼びかけている。

接種前倒しは、医療従事者(20〜50歳代)への接種回数が2回から1回に変更されたことなどから、余剰分が活用される。

2009年10月31日03時02分 読売新聞

Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加

YOMIURI ONLINE(読売新聞)

▲このページの上へ

インフルエンザ対策
【支払い方法】カード決済 or 代引き
【支払い方法】 カード決済 or 代引き