新型(豚・鳥)インフルエンザ対策と予防

マスク/殺菌・消毒用石けん/加湿器等の格安通販

新型インフルエンザ対策と予防最新インフルエンザニュース一覧┃ 新型インフルワクチン接種、19日から開始

新型インフルワクチン接種、19日から開始

新型インフルエンザの流行が拡大するなか、新型用ワクチンの接種が19日から始まる。

厚生労働省は全対象者に2回接種する方針だったが、臨床試験の結果を受け、13歳以上は1回接種にする方向で検討している。1回接種になれば、全体の接種計画が大幅に前倒しされるほか、接種を希望する国民は全員受けられる可能性がある。

国立感染症研究所によると、最新の1週間(10月5〜11日)で新たに増えた患者数は推計約64万人にのぼり、前週の約33万人からほぼ倍増した。流行が始まってからこれまでに人工呼吸器を使用したり、脳症に陥ったりするなどした重症例は129人に上り、うち27人が死亡した。

ワクチン接種は、患者が重症化するのを防ぐのが目的だ。医療従事者からスタートし、発症した場合に重症化が懸念される妊婦や基礎疾患(持病)がある人など合計5400万人に順次接種する。準備が整った自治体から開始され、19日に始まるのは47都道府県のうち大阪、沖縄など23府県。残りの23道県は19日の週から、東京都は翌週の26日から開始する。

厚労省が1回接種の検討を始めたのは、国内200人の成人に実施したワクチンの臨床試験で、1回の接種のみで十分な免疫が付くとの結果が出たからだ。これを受け、16日に開かれた専門家の意見交換会では、季節性インフルエンザ用ワクチンで2回接種が必要な13歳未満を除き、原則1回にできるとの方針が示された。

この修正案が正式決定されれば、希望者はすべて接種が可能になるほか、輸入ワクチンが接種される予定だった小学校高学年と中高生は国産ワクチンを使える可能性が高い。高齢者は当初計画通り、輸入ワクチンが接種される見通しだ。

◆新型用ワクチン=日本で使用されるのは国産2700万人分と、輸入する4950万人分。いずれも2回接種を前提としており、1回接種になれば余った分を他に回せる。輸入ワクチンは国産とは製法が異なっているため、国内でも臨床試験を行ったうえで、有効性と安全性を確認し、年明け以降に接種する。

2009年10月18日22時06分 読売新聞

Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加

YOMIURI ONLINE(読売新聞)

▲このページの上へ

インフルエンザ対策
【支払い方法】カード決済 or 代引き
【支払い方法】 カード決済 or 代引き