新型(豚・鳥)インフルエンザ対策と予防

マスク/殺菌・消毒用石けん/加湿器等の格安通販

新型インフルエンザ対策と予防最新インフルエンザニュース一覧┃ 新型用ワクチン、年末に5000万人分輸入

新型用ワクチン、年末に5000万人分輸入

厚生労働省は3日、新型インフルエンザワクチンを5000万人分輸入できる見通しを、民主党との会議で明らかにした。

輸入ワクチンは、今年12月末〜来年1月ごろに国内に届く見込み。国内生産分を含め、今年度末までに国民の過半数の6800万人分を用意できる。ワクチン確保の費用として1400億円が必要になるという。

同省は、国内でワクチンが必要な人数を5400万人と試算。医療関係者や、持病のある人と妊婦、幼児、6か月未満の乳児の両親の計1900万人を最優先する方針で、国内で生産する1800万人分のワクチンを10月下旬から順次接種する。足りない分は、輸入ワクチンでまかない、小、中、高校生、65歳以上の高齢者にも接種対象を広げる。

新型インフルエンザのワクチンは、2〜3週間の間隔を空け、2回の接種が必要。6000〜7000円の実費は、基本的に自己負担だが、低所得者には公費負担も検討している。

2009年9月4日03時10分 読売新聞

Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加

YOMIURI ONLINE(読売新聞)

▲このページの上へ

インフルエンザ対策
【支払い方法】カード決済 or 代引き
【支払い方法】 カード決済 or 代引き