新型(豚・鳥)インフルエンザ対策と予防

マスク/殺菌・消毒用石けん/加湿器等の格安通販

新型インフルエンザ対策と予防最新インフルエンザニュース一覧┃ 新型インフル:1日最大76万人が発症 厚労省試算

新型インフル:1日最大76万人が発症 厚労省試算

厚生労働省は28日、新型インフルエンザに国民の20%が罹患(りかん)した場合、ピーク時には1日に約76万2000人が発症し、約4万6400人が入院するとの「流行シナリオ」をまとめた。現状をシナリオに当てはめると、9月下旬〜10月上旬にピークを迎える恐れがある。患者急増に備え、厚労省は同日、都道府県に夜間診療時間の延長や重症患者の受け入れルール策定などを要請した。

◇入院は1日4万6400人

流行シナリオは、国内外の感染の広がり方や季節性インフルエンザの流行パターンを参考に試算した。罹患率を20%(例年の季節性の2倍程度)と仮定すると、感染者が増え始めてから5週目に1日当たりの発症者が10万人を超え、9週目に最大になる。国立感染症研究所の推計では、今月17〜23日の患者数は約15万人で、シナリオの3〜4週目に相当し、「9週目」は9月下旬〜10月上旬になる。

入院のピークは10週目。14週目まで1日1万人超の状態が続き、患者の0.15%の約3万8000人が重症化すると試算した。罹患率が30%の場合は、ピーク時の入院患者が6万9800人になる。

厚労省は、流行ピーク時も医療体制を維持できるよう▽診療所の時間延長や輪番制の夜間外来▽一般病床などを使った緊急時の定員超過入院▽隣県との医師派遣や重症患者受け入れルールの策定▽慢性疾患患者へのファクスによるインフルエンザ治療薬処方−−などの準備を医療機関に求めた。【清水健二】

2009年8月28日21時51分 毎日jp

Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加

毎日jp

▲このページの上へ

インフルエンザ対策
【支払い方法】カード決済 or 代引き
【支払い方法】 カード決済 or 代引き