新型(豚・鳥)インフルエンザ対策と予防

マスク/殺菌・消毒用石けん/加湿器等の格安通販

新型インフルエンザ対策と予防最新インフルエンザニュース一覧┃ 新型インフル、子供が感染したら・・・専門家助言

新型インフル、子供が感染したら・・・専門家助言

学校で新型インフルエンザが流行した場合、家庭ではどのようなことに注意すれば良いのだろうか。

小学生の子供を持つ家庭を例に、子供が感染した場合の注意点を専門家に聞いた。

けいゆう病院(横浜市)の菅谷憲夫小児科部長は「今のところ、子供の患者から家族に感染した例は多くないが、安心はできない。部屋を分けるなど家族はできるだけ接触する回数を減らし、全員がマスクをするのがいい」と助言する。

外岡立人・元小樽市保健所長も、「子供がマスクが苦手な場合も、くしゃみや、せき、鼻水をティッシュで押さえることが大切」と強調する。

ただ、感染を完全に防ぐことは不可能なだけに、菅谷部長は「症状が出たら、医師に『家族に新型インフルエンザ患者がいる』ことを正確に伝え、すぐにタミフルやリレンザによる治療を受けてほしい」と話す。

◆母親が妊婦なら医師と相談を◆

最も注意しなければならないのは、母親が妊婦の場合だ。

日本産婦人科医会の松田秀雄・防衛医大講師は「妊婦は発症したら、重症化する危険性が高いので、子供が感染したらタミフルの予防投与が必要になる。あらかじめ、医師と対応を相談することが大事」とアドバイスする。

菅谷部長は「祖父母など手伝ってくれる人がいるならば、子供の看病を頼った方が良い」と話す。

家族が感染した場合、仕事を持つ親も看病する立場になる。自分が発症したら、通勤で感染を広げてしまう危険性があるため、健康に注意して、急な発熱や、関節の痛みなどの症状が出たらすぐに受診することが大切だ。

◆「出社せず仕事」可能なら工夫も◆

また、企業の対策を助言する「事業継続推進機構」の丸谷浩明理事長は、業務の引き継ぎメモを作っておき、家からでも電話などで仕事ができるよう準備することを勧める。

丸谷さんは「仕事よりも、看病を優先する社員への配慮が必要。企業も社会全体で感染に立ち向かう覚悟で、対策を検討してほしい」と話す。

社員3人の感染が判明した都内の大手企業は、子供が感染した場合、社員は自宅で待機することを決めた。2〜3日様子を見て症状がなく、感染した家族も完治した後、出社させている。

2009年8月22日15時42分 読売新聞

Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加

YOMIURI ONLINE(読売新聞)

▲このページの上へ

インフルエンザ対策
【支払い方法】カード決済 or 代引き
【支払い方法】 カード決済 or 代引き