新型(豚・鳥)インフルエンザ対策と予防

マスク/殺菌・消毒用石けん/加湿器等の格安通販

新型インフルエンザ対策と予防┃ インフルエンザの予防について・・・流行後

インフルエンザの予防について・・・流行後

インフルエンザが流行したら

インフルエンザは、インフルエンザにかかった人の咳、くしゃみ、つばなどの飛沫(ひまつ)と共に放出されたウイルスを、のどや鼻から吸い込むこと によって感染します。
これを「飛沫感染(ひまつかんせん)」といいます。
また、インフルエンザは感染しやすいので、インフルエンザにかかった人が無理をして仕事や学校等へ行くと、急速に感染を広めてしまうことになります。

◆人込みや繁華街への外出を控える

インフルエンザが流行してきたら、特に高齢者や慢性疾患を抱えている人や、疲れ気味、睡眠不足の人は、人込みや繁華街への外出を控えたほうがよい でしょう。

◆外出時にはマスクを利用

空気が乾燥すると、のどや鼻の粘膜の防御機能が低下するため、外出時にはマスクを着用しましょう。

◆室内では加湿器などを使用して適度な湿度に

インフルエンザのウイルスは気温と湿度が低い場所を好みます。また、乾燥している場所ほど空気中にウイルスが漂いやすく、寒くて空気が乾燥する冬は、ウイルスの活動に最適な時期なのです。冬の間のインフルエンザ対策として有効なのが加湿器です。湿気を部屋中に発散する加湿器を使うことで、ウイルスの活動を抑制することにつながります。鼻やノドの粘膜の乾燥を防ぐこともできますから、インフルエンザだけでなく、普通の風邪の予防にも効果が期待できます。
室内では加湿器などを使って適度な湿度(50〜60%)を保つとよいでしょう。

◆十分な休養、バランスの良い食事

日ごろからバランスのよい食事と十分な休養をとり、体力や抵抗力を高めることも大切です。

◆うがい、手洗いの励行

帰宅時のうがい、手洗いも、一般的な感染症の予防のためにお勧めします。

◆咳エチケット

また、インフルエンザにかかって、「せき」などの症状のある方は、特に、周りの方へうつさないために、マスクを着用しましょう。
>>>咳エチケットについて

 

厚生労働省:インフルエンザの予防等基礎知識普及啓発資料パンフレットより

Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加

▲このページの上へ

インフルエンザ対策
【支払い方法】カード決済 or 代引き
【支払い方法】 カード決済 or 代引き